タンポポ茶 効能

タンポポ茶の効能

  • 脳下垂体に直接働きかける
  • ホルモンバランスを整える
  • 卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモンの分泌促進→質の良い卵子をつくる
  • 血液循環の改善
  • 生理痛の緩和

不妊治療クリニックなどでも取り入れているところがあるそうです。ホルモンバランスを整えますので、不妊症の原因のひとつとされている子宮内膜症の改善にもつながるほか、血液環境が良くなり、生理不順や生理痛も改善するといわれています。

夏の疲れ ビタミンB群

夏は冬に比べ、ビタミンB群が消費されやすく疲労がたまりやすくもなるそうです。なるべく、普段からのお食事にビタミンを意識してみると疲れ方も変わってくるかもしれません。

ビタミンB1・・・糖質を代謝し、エネルギーを生み出す
豚肉・玄米・枝豆・ごま・ニラ・うなぎ

ビタミンB2・・・消化をよくし、糖質を燃焼
うなぎ・レバー・ブロッコリー

ビタミンB6・・・免疫機能を正常に保つ、髪や肌を健康に保つ
レバー・魚の赤身・玄米

ビタミンB12・・・脳や神経の働きを正常に保つ
レバー・牡蠣・あさりなどの貝類

また、夏の疲労には、梅干、レモン、醸造酢などに含まれる、酢酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機物質が乳酸などが疲労物質を分解してくれるそうです。

身体の熱や余分な水分を取ってくれるのは、利尿作用のあるスイカ、きゅうり、トマト、ゴーヤ。

唐辛子・ニンニク・青じそ・みょうが・しょうが・ワサビ・コショウ・ネギなどの香味野菜は、食欲を増進させる作用があるので食欲のないときは適度に摂ると夏バテ予防になるといわれています。

梅雨 シミ、シワやタルミの原因

梅雨は、肌荒れも増える季節です。梅雨は湿度が多く、汗がなかなか蒸発しないですよね。この皮膚に残った汗が、お肌でくすぶり湿疹や炎症が起こりやすくなってしまうそうです。なるべく、お肌には汗を残さないように心がけ、クレンジングもやさしくしっかり行うことが大切です。

また、汗や湿度などでお肌が乾燥していると感じ無かったり、ベタベタするからとお手入れを怠ってしまうのも肌荒れの原因となります。見た目では乾燥していないように見えても、 実は乾燥している場合があります。この場合、お肌は表面が乾燥しないよにと 真皮から水分を補給します。水分が少なく弱ってしまったところに紫外線が吸収されると、コラーゲンにまで悪影響を及ぼし、シミ、シワやタルミの原因ともなりますので、たっぷりの保湿と紫外線対策をしてください。