不妊症・不育症の鍼灸治療 女性のための鍼灸サロンvvB

不妊症

不妊治療でよく使用される漢方薬

当帰芍薬散
中肉中背、体力の弱い、色白で華奢な体形、冷え性、貧血傾向、黄体機能不全にも効果があるとされています。
温経湯
やや虚弱体質の人、手のひらや足の裏がほてり、皮膚は乾くが、下腹部は冷え、月経不順、不正出血、排卵率の向上に効果があるといわれています。
当帰建中湯
体質的に弱く、腹部に張りがあり、冷えはある方に効果があるとされています。
桂枝茯苓丸
症状はあまり強くなく、肌荒れ、月経異常、下腹部に圧痛があり、冷えとのぼせが共存しているような人に用いられ、下垂体の活性化による卵巣改善ばかりではなく直接卵巣に働く作用もあるといわれています。
桃核承気湯
がっしりしたタイプの人で、便秘、のぼせ、月経時のいらつき、のあるかたに用いられます。
通導散
体力があり、下腹部に圧痛があり、便秘がち、胃腸のあまり丈夫でない人にもちいられます。
芍薬甘草湯
高プロラクチン血症、高テストステロン血症に効果的とされ、排卵、妊娠率が向上。実際に、PCOSにおいて、ステロイドの使用量の減少や、ステロイドを用いずに排卵に成功した症例などもでています。
加味逍遥散
比較的虚弱体質で、精神不安、不眠を訴える神経質な人、発作性の発汗、肩こり、PMS、自律神経失調症にも効果があるとされている。
>>