不妊症・不育症の鍼灸治療 女性のための鍼灸サロンvvB

不育症

漢方薬

不育症の治療で、ステロイドの長期投与、低容量アスピリン療法などが行われていますが、ステロイドの長期利用は副作用等の問題を抱えています。漢方療法は、自己組織を拒絶する反応を起こす膠原病と同じことが母体と胎児間に起こるとされる、自己免疫異常性に有効といわれています。

主な漢方薬

紫苓湯
ステロイド作用のある漢方薬で、免疫反応を整える作用、水毒症の解毒作用を利用し、体の免疫力を抑え、流産しにくい体をつくっていくとされています。
>>